HOME > 商品案内 >洗顔ブラシ
洗顔ブラシ

洗顔ブラシ

洗顔ブラシ筆づくりの匠の町として有名な「熊野」で、職人さんが一本一本毛を選んで植え、丁寧に手づくりした、洗顔用のブラシです。

穂先お抹茶をたてるときに使う「茶筅(ちゃせん)」のように、穂先が中心に向かって凹になっていますので、きめ細かい泡を簡単に作ることができ、ブラシに泡を乗せやすくなっています。(左図)

ブラシですので、お肌はもちろん、毛穴にも優しく一定の圧力をかける事ができ、毛穴の中の細かい汚れまで、綺麗にすっきり洗い流せます。

洗顔ブラシを使った「洗顔方法」

使い方1の1
使い方2
使い方3
【1】
ぬるま湯に洗顔ブラシを浸けます。

【2】
洗顔石鹸等の表面を5〜6回、
軽く撫でるようにして泡立てます。
【3】
手のひらで円を描くように穂先
を動かし、更に泡立てます。
【4】できた泡を集めて洗顔ブラシの穂先に乗せ、お顔全体を軽く撫でるようにして洗顔します。

 

泡洗顔におすすめ。洗顔ブラシを使った「泡づくり」

容器内を、円を描くように。。。泡洗顔をされる方にも洗顔ブラシがおすすめです。
もっちりした泡をカンタンにつくれます!

(1) ブラシをぬるま湯に浸けます。

(2) 洗面器などの深さのある容器に洗顔石鹸を入れ、洗顔石鹸が濡れる程度に、ぬるま湯を注ぎます。

泡を乗せた洗顔ブラシ(3) 石鹸を入れたまま、容器内を円を描くようにブラシを動かします。

(4) 少しずつぬるま湯を足しながら、泡立てていきます。
※ 一度にお湯を入れすぎると、しゃばしゃばした泡になり、しっかりした泡を作ることが出来ませんので、ご注意下さい。

洗顔ブラシの「お手入れ方法」

ブラシを吊して乾かします。(1) ご使用後、綺麗なお湯の中でブラシを優しく揉み洗いし、 毛先に含んだ石鹸をよく落とします。
(2) 毛先に向かって優しく絞り、十分に水気を取ります。
(3) 乾いた清潔なタオルで、包むように水気を取ります。
(4) 風通しのよい日陰で、穂先を下に向けて吊るし、乾燥させます。

必要以上に強く洗ったり、絞ったりしますと毛抜けの原因となりますのでご注意下さい。
水分を含んだまま放置しますと、カビが発生することがあります。

ご使用上の注意

洗顔ブラシ【ご使用時】
・お肌に負担を掛けないよう、やさしくご使用下さい。
【お手入れ時】
・必要以上に強く洗ったり、絞ったりしますと、毛抜けの原因となりますのでご注意下さい。
・水分を含んだまま放置しますと、カビが発生することがあります。
【その他】
・毛材は天然素材です。ご購入時、素材の「におい」がする事がありますが、数回のご使用で自然に消えてまいります。
・皮膚のご病気、アレルギーなどをお持ちの方へのご使用はお避け下さい。
・えんじ色の和紙を使った組み箱入です。(写真下)洗顔ブラシ用 箱

 

 

 

 


熊野の洗顔ブラシ 2,800円

(税別)

素材 毛 ;山羊毛・PBT
金具;アルミニウム
送料
送料・手数料のページをご覧下さい。
※お買い物の手順や、送料・お支払い・パッチテストに関することなど、お買い物ガイドのページでご案内しております。
お問い合わせはお気軽に
加美屋へのお問い合わせは、いつでもお気軽にどうぞ。
お問い合わせ 0120-026-669 お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー リンク 過去のお知らせはこちら プチギフト、OEM、PB、販促(SP)、卸